ブログトップ

高木瀬町二俣環境保全会 ”ECO二俣”

d0122467_16294247.jpg 地球温暖化の影響で、米の高温障害による品質の低下を防ぐために、田植えが6月28日以降となり農繁期もあわただしくない気分です・・・。
 6月は麦の収穫後から、うまい具合に雨が降ってくれたので、ポンプの点検・通水試験が、この時期になってしまいました・・・。なんてこったい!!もっと早くしないと・・・来年から気をつけます。
 ポンプの調子も良く、ハンドル等の備品もそろっており、言うことはありませんでした。
 さて、いよいよ明日から田植えが始まり、忙しくなります・・・。
[PR]
by eco-futamata | 2008-06-27 16:16 | 活動日記

大雨後の見回り

d0122467_16132523.jpg 佐賀県地方は、6月19日~21日にかけて、かなりの量の雨が降りました・・・。九州北部に停滞する梅雨前線の影響で、佐賀市内は19日記録的な短時間の集中豪雨に見舞われ、各地で道路冠水による通行止めや床下浸水などの被害が相次ぎました。
 この雨は、通勤通学の時間帯と重なり、佐賀市内の主要道路は大渋滞の上に、人や車も浸かっていました・・・。
 (写真は佐賀新聞HPより参照します。)

d0122467_16134752.jpg ここ二俣地区でも、浸水が激しく、うちのナスハウスなんか朝から、ポンプアップしていたにもかかわらず、全部水浸しでした・・・。外の状態もかなりひどく、田んぼが湖と化しており、改めてこの地区の排水の悪さを実感しました。・・・・・集中豪雨、雨雲と雨をこの時ほど、恨めしく感じたことはありませんでした。
 そんな中、消防団はECO二俣の活動もかねて、大雨中とその後の見回りで、施設の破損状況を見て回りました。幸い水が引いた後は、田んぼで魚が泳いでいるくらいで、大きな被害はありませんでした。・・・異常気象・・・と言われるようになって、久しいのですが、梅雨入りと梅雨明けは確実に早くなって、集中豪雨が増えている気がしてなりません。
[PR]
by eco-futamata | 2008-06-22 15:28 | 活動日記

農家の仕事

d0122467_17135520.jpg 二俣地区でも、小麦の収穫も終わり、トラクター耕起が一斉に始まりました。~いよいよ農繁期の始まりです・・・。今年の二俣の転作率は40.5%・・・、従来なら27.2%の減反で良かったが、佐賀県が農水省の施策で、転作の県間調整への取り組みに参加するために、大幅に大豆が増えたために、水稲作付けが少なく、比較的に余裕のある農繁期のようにも思えます。
 しかし、毎日時間は経っていくために、農家は忙しくしてます。耕起~代掻き~田植えまでの半月ばかり色々な仕事があります。
 その中でも、農地・水・環境保全向上対策に繋がることは、畦作り機による畦補修、川よりあげた泥の処理として畦を高めたり等、雨と競争しながらやってます。
 ・・・・・今年も二俣地区は、麦わらの鍬込みを行いました。
d0122467_17141360.jpg

[PR]
by eco-futamata | 2008-06-10 16:54 | 活動日記