ブログトップ

高木瀬町二俣環境保全会 ”ECO二俣”

d0122467_7412049.jpg また青いやつがやってきた・・・、この前胴長を着て水路に入り、レイキを持って回収したばかりだが、またどこからともなく流れ着いてきた”ホテイアオイ”・・・、この外来植物の繁殖能力のすごさを知ってるメンバーは、手遅れになる前に、早急に駆除の必要があるといい、駆逐隊が結成された。そのメンバーは5名であるが、腕に覚えのあるものばかりで、ばんばん回収していき約一時間ほどで、ホテイアオイは全滅した。またここに二俣の環境は、守られたのである・・・・、なんちゃって!
d0122467_7425071.jpg 今回は、少し趣向を変えて書いてみましたが、どんなもんでしょうか?
 えーっ遊び過ぎって・・・・・・(--)失礼しました。
 <緊急指令>
 ポンプ状付近には、よくホテイアオイが流れてきますので、気づいたメンバーの人は回収し、外来植物の徹底駆除をお願い致します。
[PR]
by eco-futamata | 2007-05-20 19:05 | 活動日記

婦人会一斉ゴミ拾い

d0122467_14522388.jpg 麦の穂も出そろい後2週間もすれば”麦秋”を迎えるというこの時期、農家の軒先には稲の苗用の赤土が干してあります・・・。これから麦刈りから田植え・・・と、本格的な農繁期を迎える前の見慣れた光景がここ二俣地区に広がっています。
 私は個人的に、麦刈りの前のほこりっぽい乾いたこの光景よりも、水を張った水田に、力強く根を張るみずみずしい稲の青々とした光景の方が好きです・・・。
 そんな中で田んぼに、心ない人たちがポイ捨てをしたゴミが散乱している光景を、皆さん同様によく目にします・・・特に道際に田んぼでは・・・。今回二俣婦人会は、そんな光景を少しでもなくすために、ECO二俣の活動の一環として”婦人会一斉ゴミ拾い”を開催しました。
d0122467_14525357.jpg 二俣婦人会のこれまでの活動は、順番制により二俣メインストリートのゴミ拾い(月1回)、当番制によりお宮の掃除・除草や、”六夜待”と称した親睦会等が行われ、二俣内外でで部落の関係した行事があるときには、皆さんが団結してこれに取り組んでこられました。
 今後とも、農地・水・環境保全向上対策の始まりと共に発足したECO二俣の一員として、ここ二俣の環境を守ってもらいたいと思います。メンバーの皆さんは”気さくなおばさん”達(・・・?)ばかりですので、色々な提案をして頂き、私達の手の届かない所や気づかないところを中心に活動してくださると信じています。
 今回も最初の取りかかりとして、皆さんで話し合い自主的に、一斉ゴミ拾いを開催してくれました、写真は11名ですが、今回の参加者はカメラマンを入れて12名でした(笑い)。
d0122467_1453520.jpg

[PR]
by eco-futamata | 2007-05-14 19:49 | 活動日記

d0122467_13384865.jpg 5月3日(木)~憲法記念日
 今回は生産組合と平成16会のメンバーを中心に9名の者が参加して、”開水路(小水路)の泥上げ・草刈り・掃除”を行いました。
 今日は朝からピーカンな天気で、全員が汗だくになりながら一日がかりで作業しました。特に開水路の泥上げは、毎年”これでもか!”というくらい泥が詰まったところがありますので、かなり大変ですが、今年は特に圃場整備をした地区が泥詰まりがひどく、今後は重機を使ってあげるように検討する必要があると思われました。
 また非農家のメンバーは、慣れない作業でかなり大変だったっと思いますが、よく働いてくれ本当にお疲れ様でした。皆さんのおかげで小水路は、見違えるくらいきれいになりましたので、水の走りが良いと思います。
d0122467_13391260.jpg 昼間しこたま汗をかいたので、夜のビールは最高に美味しかったですね、公民館での”お疲れさん会”では、色々な話も弾み久々に良い親睦が出来ました。
 農業者を中心に非農家と連携して作業し、汗をかくことでお互いの信頼関係も厚くなり環境保全に向けた意識も高まると思います。これから、ますます二俣地区の環境がよくなっていくこようにがんばりましょう。

d0122467_13393967.jpg 5月4日(金)~みどりの日
 今日で連続3日目の公役・・・、皆少し疲れている中で、今日が一番大変かもしれない・・・。しかも天気は雨交じりカッパと胴長を着ての作業である。体感的にも気分的にも蒸し暑い日となったが、生産組合と平成16会のメンバーを中心として10名が参加してくれました。
 今回は、大水路のサイドの草刈り・藻上げ・ゴミ拾いだが、この水藻がかなりくせ者で、毎年春夏の2回は格闘しているが、全然なくならないどころか増えている感じさえある・・・。しかし今年は、例年に比べて参加人数も多く、並んで這って除去していけるので、さばける感じがしてがして良い、・・・同時に防火用水周辺も草刈り、藻の除去しましたが、防火用水かなり泥が詰まっているので、本格的に泥の除去をする必要があるようですね、今後検討していきましょう(^^)。
 最後は、圃場整備地区に最近流れてくる外来植物、市役所環境課がいくら金をつぎ込んでもなくならず頭を痛めている”ホテイアオイ”の除去もしましたが、今後ともがんばって取り除き、増やさないように心掛けたいものです。
d0122467_13401174.jpg 毎年2回ずつ二俣の大水路を掃除していますが、今年から非農家のメンバーが参加してくれて、使い慣れない釜を欠けさせたり・曲げたりしながらも、がんばって作業をしてくれました。
 最近タニシが増えてきたように思います、ジャンボタニシではなく普通のタニシです。また、希少生物のタナゴやメダカが、ここ二俣には多いらしく、親子で網ですくっている光景をよく目にします・・・、この自然に親しむことが出来る貴重な空間を、私達は次世代につなげてゆきたいものです。
 今回参加してくれた皆さん本当にお疲れ様でした。
 <平成16会の紹介>
 平成16年に発足し、二俣に住む20~30代を中心に、10名で構成され、毎月一回の三夜待を開催し親睦を深めると共に、体協や消防団活動への参加やその他行事への参加を積極的に勧めている。ECO二俣の実働部隊的存在です。
d0122467_13403115.jpg

[PR]
by eco-futamata | 2007-05-03 20:03 | 活動日記

開水路&農道の草刈り

d0122467_13452033.jpg  新緑がすがすがしく感じられる季節になって参りましたが、黄砂が舞っているのか、山がぼやけて見えます・・・。世の中はゴールデンウイークとかで、各地でのイベントやつかの間の余暇を楽しく過ごす人たちの話題が飛び交っており、私自身仕事をほっぽって、遊びに行きたい気持ちになりますが、このシーズンは忙しくどうしようもありません。これからの農繁期に向け手の準備と、二俣地区の”農地・水・環境保全”のために、私達は本格的にECO二俣の活動を開始致しました。苦役・・・、いや公役の始まりです。

d0122467_13473295.jpg 4月30日(日)~振り替え休日
 今日の仕事は、圃場整備以外の地区の開水路と農道の草刈りです。午前中は何かと忙しいので、昼から刈払機を持った農業者6人で行いました。曇天でいつ雨が降ってくるか心配でしたが、何とか夕方まで作業が出来ました。今までは農地の持ち主が、それぞれに草刈りをやっていたのですが、共同作業をすると、気持ち的にも余裕があり”さばけた”ような気分になります。
初回ということで、写真撮影に苦労しました。

 5月2日(水)
 今日の天気はよく晴れておりました。とても気分がいいなか、午後から農業者を中心とした5名のメンバーで圃場整備地区の草刈りをしました。
d0122467_13475690.jpg この地域全体の草刈りは、初めての試みでしたが、草が多い上にケイハンが多くあり、かなり大変な作業でした、最初はたいしたことないだろう・・・となめてかかっていましたが、やり始めたら結構大変で、予想外に時間もかかりました。次回からは、草刈りのやり方の再検討やケイハン専用の刈払機の購入を、みんなで検討したいと思いました。
参加してくださった皆さんご苦労様でした!次回は、夏に開催致します(^^)。
[PR]
by eco-futamata | 2007-05-03 17:58 | 活動日記