ブログトップ

高木瀬町二俣環境保全会 ”ECO二俣”

久しぶりの大雨

 今年は”ラニーニャ現象”が発生しているようでなかなか雨が降らず、特に田植え時期はピーカンな天気が続き、水不足が心配されかけていましたが、何とか田植えも終了し、ほっと一息!ゆっくりとしていた時でした。d0122467_16551430.jpg
 昨日の夜中の2時過ぎくらいから降り出した雨がだんだん強くなり、朝方には雷を伴う大雨となり、その日の昼過ぎまでそれが続きました、久しぶりに降る雨は、集中豪雨のような時もありかなりひどいものでした。クリークの水はたちまち溢れ、田んぼはその水で浸かってしまい、仕事も何も出来ない状態で自宅待機しておりました・・・。幸い昼過ぎ頃から雨脚も落ち着き、水も徐々に引いていきましたので、今回は大雨後の見回り(災害後の見回り)ということで、農業者と消防団が協力して、施設の見回りをしましたが、幸い二俣地区では、大きな被害はありませんでしたので安心しました。
d0122467_16554148.jpg 増水した田んぼでは、川から上ってきた、ナマズやフナなどが悠々と泳いでる光景を見ると二俣の豊かな自然を感じました。しかし、それ以外に招かれざる客・・・、米を食べる外来種のジャンボタニシも、たくさん川からあがってきていたようで、今後かなり迷惑になりそうです。良い駆除の方法があると良いのですが・・・、なかなかありません。
 今回、水不足の地区では恵みの雨となったのは事実ですが、今後の農作業のことを考えるとそろそろ梅雨明けしてほしいものです。私達には、大豆の作付けが待ってます。
[PR]
by eco-futamata | 2007-07-02 20:15 | 活動日記