ブログトップ

高木瀬町二俣環境保全会 ”ECO二俣”

公役~開水路の泥上げ・掃除

d0122467_13384865.jpg 5月3日(木)~憲法記念日
 今回は生産組合と平成16会のメンバーを中心に9名の者が参加して、”開水路(小水路)の泥上げ・草刈り・掃除”を行いました。
 今日は朝からピーカンな天気で、全員が汗だくになりながら一日がかりで作業しました。特に開水路の泥上げは、毎年”これでもか!”というくらい泥が詰まったところがありますので、かなり大変ですが、今年は特に圃場整備をした地区が泥詰まりがひどく、今後は重機を使ってあげるように検討する必要があると思われました。
 また非農家のメンバーは、慣れない作業でかなり大変だったっと思いますが、よく働いてくれ本当にお疲れ様でした。皆さんのおかげで小水路は、見違えるくらいきれいになりましたので、水の走りが良いと思います。
d0122467_13391260.jpg 昼間しこたま汗をかいたので、夜のビールは最高に美味しかったですね、公民館での”お疲れさん会”では、色々な話も弾み久々に良い親睦が出来ました。
 農業者を中心に非農家と連携して作業し、汗をかくことでお互いの信頼関係も厚くなり環境保全に向けた意識も高まると思います。これから、ますます二俣地区の環境がよくなっていくこようにがんばりましょう。

d0122467_13393967.jpg 5月4日(金)~みどりの日
 今日で連続3日目の公役・・・、皆少し疲れている中で、今日が一番大変かもしれない・・・。しかも天気は雨交じりカッパと胴長を着ての作業である。体感的にも気分的にも蒸し暑い日となったが、生産組合と平成16会のメンバーを中心として10名が参加してくれました。
 今回は、大水路のサイドの草刈り・藻上げ・ゴミ拾いだが、この水藻がかなりくせ者で、毎年春夏の2回は格闘しているが、全然なくならないどころか増えている感じさえある・・・。しかし今年は、例年に比べて参加人数も多く、並んで這って除去していけるので、さばける感じがしてがして良い、・・・同時に防火用水周辺も草刈り、藻の除去しましたが、防火用水かなり泥が詰まっているので、本格的に泥の除去をする必要があるようですね、今後検討していきましょう(^^)。
 最後は、圃場整備地区に最近流れてくる外来植物、市役所環境課がいくら金をつぎ込んでもなくならず頭を痛めている”ホテイアオイ”の除去もしましたが、今後ともがんばって取り除き、増やさないように心掛けたいものです。
d0122467_13401174.jpg 毎年2回ずつ二俣の大水路を掃除していますが、今年から非農家のメンバーが参加してくれて、使い慣れない釜を欠けさせたり・曲げたりしながらも、がんばって作業をしてくれました。
 最近タニシが増えてきたように思います、ジャンボタニシではなく普通のタニシです。また、希少生物のタナゴやメダカが、ここ二俣には多いらしく、親子で網ですくっている光景をよく目にします・・・、この自然に親しむことが出来る貴重な空間を、私達は次世代につなげてゆきたいものです。
 今回参加してくれた皆さん本当にお疲れ様でした。
 <平成16会の紹介>
 平成16年に発足し、二俣に住む20~30代を中心に、10名で構成され、毎月一回の三夜待を開催し親睦を深めると共に、体協や消防団活動への参加やその他行事への参加を積極的に勧めている。ECO二俣の実働部隊的存在です。
d0122467_13403115.jpg

[PR]
by eco-futamata | 2007-05-03 20:03 | 活動日記